ビジターセンター

ハルダンゲルヴィッダ

国立公園

アイドフィヨルド

ユニークな高山地帯であるハルダンゲルヴィッダ国立公園は、ノルウェー最大の国立公園であるとともに、北ヨーロッパで最大の高山高原です。

ノルウェー最大の国立公園

ユニークな高山地帯であるハルダンゲルヴィッダ国立公園は、ノルウェー最大の国立公園です。顕著な生物多様性を誇るこの地域は、東西南北からの種が集まる場所となっています。この高原は、野生では最大のトナカイの群れの生息地となっている他、北極キツネなどの絶滅危惧II類の種の生息地でもあります。冬季の牧草地へのアクセスが限られているため、個体数は制限されています。管理上の目標は、冬季の放牧資源にアクセスできるトナカイの頭数を安定化させることです。国立公園はハイキングに最適です。また、釣り、狩猟、ベリー摘みの機会もあります。散策の自由を保証するノルウェーの「万人の権利」により、歩いたり、スキーをしたり、乗馬することができます。テントや小屋で夜を明かすこともできます。

国立公園管理運営部

未開墾地における自動車交通法により、自動車は概して禁止されています。自動車の使用は、保護を目的とする国立公園規則に則る特定の用途に限られています。それらの用途は、ノルウェー語のlovdata.noの国立公園の現地規制に記載されています。台地上の緩やかに傾斜した地形は、何百万年にもわたる氷の侵食により古い海底が露出されたことによって形成されました。山の面影はホータイゲン山に残っていますが、ハルダンゲルヨークーレン氷河の下にもあります。西部の台地の岩盤は石灰を多く含んでおり、豊富な植物の生息を可能にしています。植物は、動物の生息の重要な基盤となります。多くの鳥がここに巣を作っており、レミング探しをすると、山歩きが一層楽しくなります。